迷惑ラグビー倶楽部
迷惑倶楽部紹介
倶楽部の生い立ち
倶楽部役員紹介
会員募集要項
迷惑倶楽部の歌
迷惑倶楽部ハウス
イベントカレンダー
年間行事
遠征写真
友好クラブ
海外シスタークラブ
メンバー紹介
迷惑超勇名選手紹介
第1回 園田実
第2回 藤晃和
第3回 香月末光 重孝正
第4回 山内康功
第5回 日野博愛
第6回 佐藤浩之助
クラブ員掲示板
迷惑通信
迷惑通信特別号
'09.11 第1回上海遠征
'09.9 唐鎌則次君を偲んで
'09.4 第58回三惑大会(大阪花園)
<その他バックナンバー>
試合報告
迷惑倶楽部オーナーレストラン
 
トップへ戻る
迷惑 超勇名人紹介
2006年4月 今月から2ヶ月に1度くらいで、迷惑ラグビー倶楽部の超有名、超勇名選手をお一人づつ紹介して参ります。
先輩に学ぼう 後輩を知ろう
記念すべき第1回目は 園田実先輩です。

園田 実 Minoru Sonoda
No.1
生年月日 昭和 5年 11月 8日
今年の花園での勇姿
迷惑背番号 27
ラグビー歴 小倉の常盤高校を卒業後幡製鉄に入社。 高校時代はフルバックでしたが製鉄では7番を中心に5番もプレイ。 製鉄全盛時代の選手として活躍。 全国大会1−6回に選手として参加、その間全国優勝3回(Captainも経験)。 《うわさでは タックルの園田と恐れられたそうです。今でもその片鱗を感じますね》
その他 子どもは男の子2人。今は結婚して家には奥さんとお二人。 趣味は孫の面倒を見ることと、毎週水曜日に迷惑の北九州グループとの練習に参加することだそうです。

PHOTO
※写真をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。
写真を見ながら先輩のプレイを思い浮かべてください。
《失礼 故人にはなられていませんよ。現役黄色のバリバリです。》
オール迷惑黄色の勇姿、年齢順に整列 オール迷惑黄色の勇姿! 年齢順に整列(特に御高齢者の方中心) 後輩の岡部(現迷惑会長)氏と アステムの杜で 往年の八幡製鉄のメンバーです

REPORT
「鉄食べて」初優勝 怒とうのタックル中央突破へ〜光る小兵選手
 有名なエピソードがある。新日鉄八幡(当時八幡製鉄)が1951年の全国実業団体会初出場で初優勝したときのことだ。
 1月5日、名古屋・瑞穂ラグビー場で行われたトヨタ自動車との決勝戦。ナンバー8園田実のタックルが、何度も相手選手をなぎ倒していた。それを観戦していた秩父宮妃殿下が、試合の説明をしていた主務の延武三郎にこう訪ねたという。
 「あの、8番は何を食べていらっしゃるの?」
 延武がすかさず答えた。
 「鉄を食べております」
 戦後まもなく、まだ食料が豊富でない時代。1メートル70、67キロと小柄な園田の活力のある動きは、グラウンドで一際目立っていた。
 高校時代のポジションはFB。48年に入部し、元気の良さをかわれて、タックル専門のナンバー8に起用された。小柄な園田のタックルは、1人を倒した後、ボールが渡った先へ続けて当たるしつこさが持ち味だった。
 「最初のタックル後、園田は立ち上がらないんです。地面をはって、そのまま次の選手に行く。執ようなまでに」と延武は振り返る。
 展開するラグビーが主流の現在では考えられないが、FWの力と、中央突破していく攻撃が多かった当時は、自分たちのFW陣を1人減らしてでも、園田の特徴をいかす方が理にかなっていた。
 「その後、何回か優勝を経験していますが、あの初優勝は忘れられないなぁ」。73歳になった今も、クラブチームでラグビーを続ける園田は、そう言って笑う。
 さて、冒頭のエピソード。延武に真偽を訪ねると、妃殿下の方が「鉄でも食べていらっしゃるの?」
と問われたらしい。延武は「『食事は皆と変わりません』とお答えしました」。
 「鉄を食べた」という伝説が今も語り継がれるほど、園田のプレーが見事だったという証し。八幡の黄金時代は、まさに「鉄人」の活躍で幕を開けた。
<プロフィール>
昭和23年、八幡製鉄ラグビー部(現新日鉄八幡)入部。1951年、第三階全国実業団大会初出場で初優勝を経験する。大学でラグビーを経験した物が多い中で同部で初めて高卒でキャプテンを務めた。現在は、迷惑ラグビークラブに所属。週一回の練習のかたわら若きラガーマンたちの指導者として活躍している。

後輩からのMESSAGE
私が学生時代園田先輩はあの日本のラグビーを代表する八幡製鉄ラグビーで活躍した有名な選手です。 わが恩師北島監督は「タックルのないルグビーはない」と教えられたが、園田先輩のタックルはそれを象徴するす晴らしそ激しいもので、相手を仰向けに倒すタックルを学生時代から見てきました。 その先輩と今は黄パンツをはいてチームメイトとして試合ができることを嬉しく思っております。 園田先輩いつまでも一緒にプレーさせてください。
チームメイト 山田 常男
このページのトップに戻る